施工までの流れ

施工までの流れ

お電話、メールでお問い合わせください。

次へ

お問合せ頂きましたら、クロスメイクの説明と共に
一度現場を必ず拝見させて頂きます。

次へ

下地によって、クロスメイクの仕上がりが違う場合がございます。
(築年数・壁紙の材質・大きな破れ、キズ・劣化など)

次へ

現場でお客様に説明をして、お見積りをいたします(無料)。

次へ

お客様にお見積り価格を提示して、再度検討して頂きます。

次へ

お客様が納得して頂いたうえで、施工となります。

注意事項

  • 10年以上使用したクロス(壁紙)や、あまりにも傷・穴の多いクロス(壁紙)。 タバコのヤニで茶色く変色したクロス等は、張替えた方が良い場合もあります。
  • 布クロス・紙クロス・撥水クロスは施工出来ません。またビニールクロスの表面に特殊加工を施したクロスも施工出来ませんが、殆どの壁紙はビニールクロスです。
  • クロスメイクは何回でも重ね塗りが可能です。一般の塗装とは違い当社のクロスメイクは下地に染みてボードに貼り付く事がないので、クロス(壁紙)の張替え時に剝がれ難い等の問題はありません。
  • 天井が2.4mより高い場合、および弊社での家具の移動は別途お見積りとなります。

施工の流れ

1. まずは壁の穴を補修

1. まずは壁の穴を補修

新技術「クロスコピー」(特許申請中)で穴やキズを修復。

新技術「クロスコピー」(特許申請中)で穴やキズを修復。

次へ

2. 壁の隅からスタート

2. 壁の隅からスタート

新開発の「エッジャー」で窓との境目やコーナーからコート剤を塗布。

次へ

3. コート剤を塗布

3. コート剤を塗布

電動式「クロスメーカー」(特許申請中)でコート剤を塗布。ハケ不要。

次へ

4. コート剤をなじませる

4. コート剤をなじませる

オリジナル専用ロングハケでコート剤をなじませれば、施工完了!

次へ

5. 新品同様に再生

5. 新品同様に再生

風合いを残したまま、黄ばみや汚れが消え新品同様に!

クロスメイクの施工例

クロスコピー工法

はがれたクロス

はがれたクロス

専用パテで補修

専用パテで補修

同じクロス柄の凹凸をコピー

同じクロス柄の
凹凸をコピー

クロスメイクを施工して完了

クロスメイクを
施工して完了

クロスメイクを施工して完了

クロスメイクを施工して完了